検索
  • ふくしまの理科仲間

初めて見たトンボ

附属小に勤めて4年目になりました。

毎年思うのは,校内ビオトープのわくわく広場の生態が毎年変化しているということです。

トンボの数やメダカの大きさはもちろんですが,植物の種類もずいぶん変わってきました。

そんな中で,今年初めて見るトンボと出会いました。



キイイトトンボです。

飛び方が不思議なんです。

速いわけではないんですが,黄色の線が空中を浮遊しているように見えます。


4年目で初めての生き物に驚きました。


いろいろなトンボのヤゴが住み着いているのかもしれませんね。


ちなみに,アクアマリンふくしまの研修会で聞いたのですが,オニヤンマはヤゴの状態で3年,シオカラトンボは1年,イトトンボは年に3回羽化するのに年月が必要だそうです。

種類によって成長も様々で昆虫は面白いですね。

                                    忠                                   

63回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

女王アリ,幼稚園で見たよ!

娘が以前「女王アリ,幼稚園で見たよ」と言うようになりました。 虫が苦手なのに,女王アリを見たことを報告してきます。 前に,娘に女王アリを見せてあげたことがあります。 「いやぁぁぁぁぁ!」と言いながら,恐る恐る見ていました。 その印象が残っていたのでしょうか。 女王アリがパッと目につくそうです。 娘の見方・考え方を感じたエピソードでした。 (三河台小 野口)