検索
  • SSTA福島支部

鉢植えの中の小宇宙

夏の朝、早起きしています。

「水の球体」に出合うためです。

それは、ワレモコウの葉の先にできる水滴です。

朝露のように、葉の全体が濡れるわけではありません。

葉のギザギザに一つづつ。吸い上げられた水が、葉の水孔から出ているのだそうです。

普通、水滴って、下が膨れた涙型をしているでしょ。

でも、この球体は、その部分だけ無重力空間にあるかのように、まん丸なんです。

まるで、宇宙飛行士が宇宙船の中でストローから出して見せる水滴のように。

まるで、夜空に浮かぶ月のように。

さあ、明日も早起きしてみよう!

                                菅野 潤







45回の閲覧1件のコメント

©2019 by SSTA福島支部. Proudly created with Wix.com